FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOPた行 ≫ 耐寒マツバギクの黄色が2つ

耐寒マツバギクの黄色が2つ

 一昨日は岩手に日帰りで行っていたので、昨日の午前中は家でゆっくり。
 昼近くにふと見たら、耐寒マツバギクがまぶしいほどに咲いていました。
 我が家では現状、白花の耐寒マツバギク2種を地植え、黄色2種と紫系2種を鉢植えにしているのですが、咲いていたのは黄色2種…。

 こちらは耐寒マツバギクという名で購入しましたが、検索してみたらデロスペルマ コンゲンスタム(学名:Delosperma congestum)のようです。
 よく見かけるデロスペルマ クーペリー(Delosperma cooperi)のレイコウと比べると、花が小さく(花径3.5cmくらい)、這性といってもあまり茎を伸ばさず、まとまりがいい感じです。花は春しか咲かなかったように記憶…。
耐寒マツバギク

 左の写真は上の花のアップ(クリックすると大きくなります…)ですが、右はもう一つ咲いている黄花で、冬に見切り品50円で購入していた京花美の黄です。ラベルにはツルナ科デロスペルマ属(Delosperma cv.)と。こちらは「3月から11月ぐらいまで楽しめます。」とありました。
 こちらはコンゲンスタムもどきの輝くような(目が痛くなりそうな…w)黄色に比べると、照りが少ない感じの黄色で、白い目が大きいせいもあり、おとなしい印象です。花径も少し小さめ(約2cm)。花色は、白や赤っぽいのとかもいろいろあったけど、黄色と紫を購入したのでした。
耐寒マツバギク 耐寒マツバギク

 耐寒マツバギクも、レイコウばかりではなく、色、花の大きさ、葉の感じがいろいろなものが出回ってきて、選択の幅が広がった感じ…。
 我が家の耐寒マツバギクは、地植えはもちろん鉢植えも、ずっと外です。昨冬は-10℃以下の日も多かったけど、大丈夫…。

 地植えしている白花についての記事はこちら→耐寒マツバギク(デロスペルマ)の、これを待っていた?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ