FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP●多肉もちょっと ≫ 梅雨で弱る前に? センペルビウムの現状

梅雨で弱る前に? センペルビウムの現状

 昨日今日と雨がちで、ものすごく蒸してまして、ちょっと弱っちゃったセンペルビウム(学名:Crassulaceae Semperuvivum、和名:クモノスバンダイソウ(蜘蛛巣万代草)、ベンケイソウ科センペルビウム属)も出てきました。
 この時期には必ずいくつかセンペルビウムを枯らしてしまうので、今のうちに現状を…。

 これは去年の11月に、名無しのセンペル3種類(ざっくり、緑センペル、青センペル、黒センペルと呼んでみます…。色は変わるんですけどね…。)を植えていたリースの現状。
 子株が出てきてたり、黒センペルからは花茎が伸びてたりします。別の鉢の黒センペルもぞくぞく花茎を伸ばしている最中です。(去年の黒センペルの花はこちら→最後まで、きれいで咲いてほしいセンペルビウムの花)。
センペルビウムのリース 6月下旬

 左は5/7のリースの様子で、まだ縮こまっている感があったりします。
 右が去年11月の植え込んだ時の様子。これと比べると、現状は少し育っているのがわかるかと…。
センペルビウムのリース 5月上旬 センペルビウムのリース 11月上旬

 リースのセンペルには花が咲いていませんが、巻絹の花は一足早く咲き出しています(我が家のセンペルはリースにした3種と巻絹で、現状4種類)。
 一昨年、入手し今年初めて花が咲きました。センペルの花はみんな似たような感じですが、巻絹の花はピンク色が濃いめで、なかなか可愛いです。
 ベランダの軒下に置いていて、ひさしが長めなので、花茎が明るいほうへと伸びています。(ふつうは真上に伸びるものらしい…)。
巻絹の花

 今年はもう一つ、リースとは別の鉢の青センペルの花も咲いています。本体が弱ってきちゃってますがなんとか…。青センペルは100均で2016年に入手したもの(2015年にも入手したけど、それは枯らしちゃって、今のは2代目です)。
 巻絹の花と比べると、少し大きめでピンクが薄く、大人な雰囲気です。
名無しセンペルの花 巻絹と名無しセンペルと

 これで4種のセンペルのうち、3つまでは我が家で花が咲いたのですが、まだ緑センペルの花は見ていません。
 一番大きくなっている緑センペルはこんな感じ…。直径16cmほどで、頭が重くなって倒れてますが、花が咲きそうな感じは、今のところありません。このセンペルは2015年に100均で入手したもので、こちらの記事(→センペルビウムを植え替えて)でセンペル4号と呼んでいるもの。大きくなるけど、花はなかなか咲きません。
sen_le_18_07.jpg sen_le_18_08.jpg

 これは同じ鉢の去年の10/25の写真ですが、このころはどんどん茎が伸びて葉も繁って、ミノムシ風?だったんですけどね。
 この後、下葉は枯れて、その後頭が大きくなって、今は倒れかかって前のめり、ってことです…。
 こんなふうに背が高くなるのは、鉢が浅いとかいうことなんでしょうかね? それとも土が気に入ってないとか…。
 ご存知の方は、教えてくださいませ…。
sen_le_18_09.jpg

 センペルの花は咲く時期が少しずれていたりするようなので、緑センペルも咲くといいな、と思っております。…だって、頭が…。 花が咲くと本体は枯れてしまいますが、子株がたくさん育っているので大丈夫…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ