FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP●複数の植物 ≫ 咲いたら、ちょこっとうれしい黄色の花

咲いたら、ちょこっとうれしい黄色の花

 我が家は北玄関の家で、軒も長いので玄関先にはあまり花はないです。
 そんな中に以前リースで使ったアイビー何種類かとシロタエギク(白妙菊、学名:Senecio cineraria、キク科キオン属、耐寒性多年草)の寄せ植え(というか、、、とりあえず植えておいたみたいな、、)があります。

 花茎がひょろひょろでみっともないから切っちゃおうか、と思っていたシロタエギクですが、咲いてみたら、けっこう、いい花に見える気がしてます。(咲き始めたのは7月の初め頃でしたが、まだ多少咲いています。)
シロタエギク

 銀葉に明るい黄色い花が似合ってて、地味な玄関先が、明るくなった感じ。
 蒸し暑い時期でも暑苦しくない色で、気分が引き立ちます。
 葉を楽しむだけのことがほとんどのシロタエギクですが、花も咲かせてよかったな、と思ってます。
シロタエギク


 以下はついで。少し前に咲き終わってしまった花ですが、黄色つながりで…。 庭にある、ちょこっと咲いて、ちょこっとうれしかったりする黄色い花…。

 左は、公園などにもよく咲いているヒペリカム ヒドコート(学名:Hypericum patulum cv. Hidcote、別名:大輪金糸梅)、中央はリシマキア ヌンムラリア、右はリシマキア ペルシャンチョコレートです。リシマキアの花はいっときにたくさん咲いて、わりとあっという間に終わります。(リシマキアの花は6月下旬に撮ったもの)
ki_18_01.jpg ki_18_02.jpg ki_18_03.jpg

 こちらは矮性のヒペリカムで、パールがつく名前だったと思ったけど、ラベルを無くしてしまったみたいです…。ヒドコートの花は直径が6cmくらいと大きいですが、こちらは2~3㎝程度でしょうか。花弁が落ちると、右のような実を付けてます。
ヒペリカム ヒペリカム ヒペリカム

 いずれも一重の花のせいか、一つの花はわりとすぐ終わります。
 我が家ではヒドコートもちょっと咲いたら切り詰めてしまうので、どれも長く楽しんでいる花ではないのですが、咲くとパッと目立つので、いっとき楽しい思いをさせてもらう花だったりします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

Comment

Re: okkoさん
編集
okkoさん、こんばんはw
シロタエギク、他の派手な花の中だと目立たないかもですが、我が家の地味な玄関先だとそこそこいいですw
うちでも普段は伸びたら切って、葉だけにしています。
花が咲く前の中途半端に伸びてくるあたりの時期が、ちょっと我慢が必要かも…w
年中楽しめる、いい植物ですよね。
2018年08月07日(Tue) 18:51
No title
編集
シロタエギクにこんなかわいくてきれいな花が咲くとは知りませんでした。
葉っぱを楽しむものだという固定観念があったもので・・・。
これなら毎年咲いてほしいですよね。
2018年08月06日(Mon) 14:19












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ