FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOPは行 ≫ 大きくなってカッコいい葉を出して…ちょっと焦げてるビカクシダ

大きくなってカッコいい葉を出して…ちょっと焦げてるビカクシダ

 去年の5月と8月に、ビカクシダ(麋角羊歯、学名:Platycerium、別名:コウモリラン、ウラボシ科ビカクシダ属)を3つほど購入していました。
 熱帯の木に着生するだけあって、日本の夏も好きらしく元気そう。

 100円の見切り品の葉が、こんなに大きくカッコよくなりました。
 (といっても、吊るして本当にカッコいいインテリアになっているようなのを期待しないでね…。)
 それで、前の記事ではコウモリランの別名で読んでましたが、今回はビカクシダと呼びたくなりました。(麋角って、ヘラジカの角なんだって。)
 コウモリランとしか名前はなかったけど、たぶんビフルカツム(Platycerium bifurcatum)っていうんじゃないかな…。一番普及していて育てやすいらしいから…。
コウモリラン

 一年ほどで倍くらいに伸びて、一番長い葉は50cmほどになりました。きれいでしょ。
 どこを見てもカッコいいといいんですが、全体はこんな感じで、左側の葉っぱが3枚ほど焦げちゃってるのが残念…。
 …といっても、大事に育てたという感じでもなく、けっこう丈夫なので、購入時に観葉の土で鉢増ししただけ…。…冬は室内に入れてます。
コウモリラン

 ビカクシダの葉の表も裏も、こんな感じの細かい毛があって、触ると剥げちゃったりします…。この毛は葉を(日差しや害虫とかから)守る役割があるみたいですが、不注意に剥がしちゃったりして、置き場を変えたときとか急な日差しに当てちゃったりして、結果、焦がしちゃったみたいです…。…ごめんね…。
コウモリラン

 こちらの小さめの二つは左がビーチー(Platycerium veitchii)で右がネザーランド(Platycerium bifurcatum Netherlands)。
 ビーチーは比較的白っぽくて葉が細め。ネザーランドはビフルカツムの改良種らしいですが、どこをどう改良したのかは、わかりません…。
 購入時が3号ポットくらいの小苗だったので、育ったけど、上の子に比べると、まだ小さいです。この2つはミズゴケで育ててます。普段は右のように、軒下のラティスにぶら下げてます。…冬は室内…。
コウモリラン コウモリラン

 ということで、一見育てるのが大変なのかな、と思っていたビカクシダ、結構丈夫で扱いが雑な我が家でも育っています(焦げてるけど…)。
 できたら次回は、板にくっつけるとかして、ほんとにカッコよく、どこかにぶら下げてみたいものです…。

購入時の様子はこちら
夏に買っていた見切り品たち
暑いと財布の紐は緩むらしい…(コウモリランほか)


にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ