FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOPた行 ≫ ツリフネソウはくるん

ツリフネソウはくるん

 山のふもとの小川沿いでツリフネソウ(釣船草、学名:Impatiens textori、ツリフネソウ科ツリフネソウ属、一年草)を見つけました。
 正面から見ると、お花がさかさまについているみたいです。

ツリフネソウ

 横から見ると、花のしっぽ(距)が、くるんとまるまっています。名前はこんなふうにぶら下がっている花の形が帆掛け船を吊り下げたようにみえるからということです。

ツリフネソウ  ツリフネソウ 

 背丈は60㎝ほど、花も4㎝くらいと大き目の花ですし、たくさんまとまって咲いているのですが、山のふもとの薄暗いところにあるので、あまり目立ちません。右下の写真のとおり、じめじめ、もやもや、むしむし。ウバユリの種もできていますが、ウバユリもちょっと日陰好き。ちなみに、ウバユリの種に赤とんぼがとまってます。 

ツリフネソウ  ツリフネソウ

 ツリフネソウ科というと、ホウセンカやインパチェンスか。そういえば、みんな花がぽろぽろ落ちますね。インパチェンス、お花全然違って見えます。
 お! 種がみんなくるんとなるのか。

Comment

Re: この距も
編集
確かに、ぶらさがっている花の形とあいまって、ちょうちんあんこう的ですよねw
(どうも写真を撮ってからでないとゆっくり見られません、現場は上からも下からも虫、中間はブヨ、みたいなw)
2013年09月06日(Fri) 05:30
この距も
編集
良いですね。くるんとしていて可愛らしいし、花色もいいですね。でも、この花の隠れた魅力は、‘ぶらさがり具合’でしょうか、絶妙な感じです。
2013年09月05日(Thu) 22:14












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ