FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOPか行 ≫ なかなか自前では収穫できないギョウジャニンニク

なかなか自前では収穫できないギョウジャニンニク

 一週間前はけっこう雪が降りましたが、仙台も4/5に桜が開花したようです。…我が家の近所はまだですが…。

 畑に行ってみたら、ギョウジャニンニク(行者葫、学名:Allium victorialis subsp. platyphyllum、ネギ属、多年草 )がけっこう伸びておりました。(北海道ではアイヌネギというそうです。)

 しかし、これが我が家のギョウジャニンニクの、ほぼ全体像…w 何年か前に1ポット購入したもので、少しずつ増えてはいるけど、まだ少ないので食べられません…w 
 花が可愛いので、食べるのはついでと思っていたりもするんですが(→これもアリウム、ギョウジャニンニクの花)、とにかく成長が遅いのが、ギョウジャニンニクの特徴みたい…。種からだと収穫まで6、7年かかるそう。
ギョウジャニンニク

 そうはいっても、どうせならギョウジャニンニクの育て方や美味しさをちゃんと知りたいものだと常々思っており、去年はたまたま時期が合ったので、4/28に母の友達の家のギョウジャニンニク畑に連れて行ってもらったのでした。

 こちらが、その畑。
 葉が大きくなっていたせいもありますが、大きな株のギョウジャニンニクがいっぱいでしょ?
 聞いてみたら、ちょっと日陰のところのほうが育ちがいいらしいです。二か所に畑があったのですが、木陰の畑のほうが、増えていました。それと堆肥もわりとあげたほうがいいみたい。
ギョウジャニンニク ギョウジャニンニク

 最初は数株だったものを少しずつ増やしたそうで、収穫するときは葉を全部切ると出てこなくなるので、周りの葉を何回かに分けて収穫した方がいいということでした。
 左の写真の左みたいに。左の写真の右は、増やすためには悪い例…w 周りの葉を収穫したあとの株は、右のようになっていました。(食べごろとしては、もっと若い葉のときのほうが柔らかいし美味しいみたいです。)
ギョウジャニンニク ギョウジャニンニク 

 こちらの畑を見て、我が家のギョウジャニンニクにも、堆肥をあげたりして増産を狙ってますが、そう簡単には増えません…w 早く周りの葉でいいから、収穫できるようになりたいもの…。
 …野生のものは湿地に群生してたりするようなので、畝の高さを変えてみようか、とか思ってます…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

Comment

Re: 椎たけ夫さん
編集
椎たけ夫さん、おはようさん。
場所が合えば、放任でも増えそうだけど、良さそうな場所がいまいち…w
日当たりの悪い庭に植えてた時の方が、瑞々しかったような気もする…。
ちょっと場所変え等、検討…w 株分けもどんどんやろう…。

天ぷらは食べたことないな。今度入手したらやってみようかな。

> 行者にんにくは難しい部類だと思うよー
> 普通の畑だと厳しいかも。
> うちも少しあるけど、やっぱり植えてるところは半日陰だね。
> 以前食べたことあるけど、てんぷらがうまかったなー
2019年04月09日(Tue) 05:36
No title
編集
行者にんにくは難しい部類だと思うよー
普通の畑だと厳しいかも。
うちも少しあるけど、やっぱり植えてるところは半日陰だね。
以前食べたことあるけど、てんぷらがうまかったなー
2019年04月08日(Mon) 20:28












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ