FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOPは行 ≫ 我が家にもバラはあったりする…

我が家にもバラはあったりする…

 草屋敷のような我が家にもバラがあったりします。写真は今咲いているコーネリア。去年植えたばかりで、例によって雪折れで、ヤブ化してます。(軒下近くに植えたら、屋根の雪が直撃するところだったんですよね…。)

コーネリア

 手入れが悪いから、今はいっぱいは咲いてなくて、左下は春の花。右は小さなモッコウバラの春の写真です。

コーネリア  モッコウバラ

 バラは以前だいぶ入れ込んだ?のですが、今はやめてます。でもつい2本買ってしまった、というところ。数あるバラのなかから、選ぶのは困難で、ま、このへんで売っていたものから、好きなのを選びました。

 コーネリアは花型、色、香り、いずれも好きなバラの一つです。杏色がかったピンクの花が、花の段階によって色を変えていくのがいいですし、小輪房咲きなので、クセが強くなくほかの花と合いやすいです。香りがいいのも、庭植えのバラには大切。あとは枝が柔らか目で扱い易いこと。でも、以前の日当たり悪い庭で鉢で育てていた枝と比べ、日当たりよい地植えの枝は、えらく固い気がする…w
 モッコウバラは虫があまりつかないし、トゲが無いし、葉がきれい。もちろん花も好きだけど、、白もいいかな…が、白のモッコウバラって、咲かないときありません?それが心配で買えなかった…w

 ここで、コーネリアについて疑問。MODERN ROSESの、1925年Pemberton作のCorneliaがこのバラだとすると、これはオールドローズなのでしょうか? 1867年のラ・フランス以前の品種群がオールドローズだと思っていたのですが、コーネリアはオールドローズ扱いのことが多いみたいなので。最近のオールドローズ風のバラはアンティークタッチのバラとか、そういう言い方で区別しているみたいですが…。

コーネリアは英国生まれのバラなので、リア王のコーネリアだ!と思っていたのですが、あの人はコーデリア、でした…。じゃあ、コーネリアって、だれ? コーデリアより、やさしそうに聞こえるから、いいか…。

Comment

Re: CHIBIさま
編集
早速のコメント、ありがとうございます。
また、わかりやすい解説もw
ランダムハウスの辞書って、すごいですね、バラの種類まで載っているとは思わなかった…。
オールドローズ風のバラ、クラシックローズとか、いろいろ言い方工夫しているのが、面白いですよねw
2013年09月15日(Sun) 09:34
No title
編集
優しくしっとりしたコーネリアで美しいニャ〜。
オイラのランダムハウスの辞書ではコーネリアはモダーンローズ、モダーンブッシュとなってる。ちなみに親は不明。
一般的と言われてる全米バラ協会承認のものだと、おっしゃる通り1867年が境で、それ以降をモダーンだよね(バラ学者のハーストは1800年と言っているけどね)。アンティークタッチのバラを最近はオールドローズ風といってる、、風、、なるほどね〜。
2013年09月15日(Sun) 09:06












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ