FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOPあ行 ≫ アレチウリの構造?

アレチウリの構造?

おはようございます。皆様の地域で台風の被害が出ていませんように。こちらは今朝から本格的な雨降りです。

 最近実物を知った特定外来生物であるところのアレチウリ(荒れ地瓜、学名:Sicyos angulatus、ウリ科アレチウリ属一年草)ですが、もさもさ、茂っているので、どこが頭でどこが尻尾?みたいな感じでした。
 それが、たまたまアスファルトに伸び出したツルを見ていたら、おやっ?

アレチウリ

 アレチウリは雌雄異花なのですが、上の写真を見ると、ツルに沿って節ごとに葉っぱと、ちょっと茎が立ち上がって雄花がついています。また、葉っぱごとに子ヅルが伸びて、そこに丸く固まった雌花がいくつもついている、という規則性があるみたい?ま、気が付いたのはそれだけなんですけどね…、で、このツル本体がどこから出てるかは不明なわけで、これで終了なら、そんなにはびこらない…。

 左下の写真は雄花、右下の写真は雌花です。

アレチウリの雄花  アレチウリの雌花

 そして、さらに左下の写真は実、右下の写真は、、生い茂るアレチウリです。小山の斜面が全部覆われているみたい…。

アレチウリの実  アレチウリ

 どこかにループ?があるのかなと、別のツル(写真左下)を見ると、こちらは同じ節から、雄花も雌花も出ています!? これは最初の写真の子ヅルが伸びた場合なのか?? それは、この(写真右下)子ヅルにあたる??………うーむ、…やっぱり、アレチウリは、、もやもやのまま…。

アレチウリ  アレチウリ

 アレチウリはいかにもウリ科、毛が生えて、もやっとした感じ、お花も。もやっとした大人しげな薄い色の花なのですが、「繁殖力は凄まじく、1株当たり25,000個以上の種子をつけていた例も報告されている」(wiki)そうで、これは増えてほしくないです…。

けっこう、チョウや蜂が集まってたりもしますが…。

Comment

Re: 緑の絨毯
編集
アレチウリとカナムグラとクズとヤブガラシの勢力争いを観察中…?。
アレチウリは、ちょっと前まではあまり目立たなかったんですけど。
あとは、クワモドキっていうのが、たくさん生えていますね…。
2013年09月18日(Wed) 07:48
緑の絨毯
編集
アレチウリ、私の住んでいる地域でもよく見かけます。河川の土手などですべてを呑み込む勢いで広がっています。この植物に対抗しうるのは恐らくクズしかいませんね。対決したらどちらが勝つのか興味深いところです。
2013年09月17日(Tue) 22:15












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ