FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2021年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2021年05月
TOPま行 ≫ 咲いたら可愛いムシトリスミレの花

咲いたら可愛いムシトリスミレの花

 少し前から、昨冬に購入したムシトリスミレ(虫取菫、学名:Pinguicula vulgaris、タヌキモ科ムシトリスミレ属)の、たぶんセトスという品種ではないかと思うものが、咲いています。よく行く園芸店で、冬に花もなくなり見切り品で100円になっていたものを購入したのでした。

 ピンクで、小首を傾げているようで、かわいいでしょ?w 花径は3.5cmほどで、草丈は13cmくらいです。
 葉っぱは、なんだかヘンテコな色で、小虫がくっついちゃってますが…w 私が見たお店のムシトリスミレは緑色の葉だったけど、なぜか我が家のは、現状こんな色…。(室内に入れていた間は緑だった気もするが…。)
ムシトリスミレ

 左の写真は後ろ姿…。スミレみたいに距もついてます。
 このムシトリスミレ、今年は2度目の開花中で、中央は今年の7月15日に撮っていたもの。右は7/26の写真で、少しずつ枯れるのではなく、花弁がくっついた花全体がポロっと落ちて終了でした。開花期間は記録してなかったけど、意外と長くて楽しめます。
ムシトリスミレ ムシトリスミレ ムシトリスミレ

 一見、多肉植物みたいにも見える葉ですが、拡大すると、こんなふうになっています。
 Wikipediaによると「葉の表面は天辺に粘液の球を付けた細かい腺毛で覆われ、粘りつけられ動けなくなった虫を消化吸収する」のだそう…。
ムシトリスミレ

 虫を消化吸収する葉、というのも不思議ですが、室内に置いている時期も、必ず小さな羽虫がくっついているんですけど、どこからきたは虫なのかも不思議な時があります…w(よその家のムシトリスミレはきれいな葉だったりして…。)

 なお、ムシトリスミレは日本にも自生している種類があるようですが、栽培も難しくあまり流通していないらしいです。
 セトスはメキシコを中心に広範囲に分布しているモラネンシス(アシナガムシトリスミレ)とメキシコ原産の小型種エレルサエの交配種で、栽培も容易な普及種みたい。
 我が家では、お菓子の空きカップに入れて腰水にして、寒い時期は室内の窓辺、暖かい時期は外の半日陰の軒下に置いてました。

応援よろしく…。カテゴリーはお好みで…。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へにほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ