fc2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2024年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2024年06月
TOP●野菜もやってます… ≫ ルバーブの花茎をチョッキン、それと蓼食う虫…

ルバーブの花茎をチョッキン、それと蓼食う虫…

 今日は18℃/10℃、晴れたり曇ったりだったはずですが、日中は岩手方面に行ってました。

 このところ、畑で見ていて楽しいものの一つに、ルバーブ(タデ科ダイオウ属、学名:Rheum rhabarbarum など、和名:ショクヨウダイオウ(食用大黄))の成長がありますw
 これは4/11ですが、黄緑の外皮をまとったタマゴみたいな芽w 大きさもタマゴくらいあります。(…最初のころの外皮は赤かったけど、最近は暖かくなったせいか黄緑…。→ルバーブの芽生え、菜花に蝶…
mushikko_02.jpg

 濃い緑の葉、赤みがかった葉柄、そこに黄緑のタマゴ…ね! 可愛いでしょう?w 元気いっぱい、生命力いっぱいな感じです。
mushikko_01.jpg

 4/12、タマゴは、こんな感じに割れて、葉が出てきました。…あまり可愛くなくなった?w(小さいとき可愛いからって、大きくなっても可愛いとは限らない……?)
mushikko_06.jpg

 葉が一枚出たあとは、4/16には、こんなものが見えてきました…。おっと、こいつは花茎ですね…。
mushikko_07.jpg

 4/18には、これくらい伸びました。これからぐんぐん伸びて、こんな花(→ルバーブくんの花は、摘むんだった…)が咲くわけですが…。
mushikko_08.jpg

 早めに切って葉を育てるものらしいので、二株から伸びてきた花茎をチョッキン…。
 これで葉がどんどん育ってくるはず…。。
mushikko_09.jpg mushikko_10.jpg



 とても丈夫そうなルバーブですが、そんなルバーブにも虫はやってきます。
 葉と茎の間にぽつっとついている点みたいな虫…。青っぽくてつやつやした甲虫で、ウリハムシの色違いみたいな感じ…。この虫がルバーブの葉を食べるんですよね。葉が穴だらけだと、ルバーブを見る楽しみが損なわれるので、ルバーブを可愛がっているふりをして、青いハムシを見つけては退治してます…。
mushikko_03.jpg mushikko_04.jpg

 ルバーブの葉を食べる虫について検索してみると、候補が二つ…。
 以下の二つのページを見ると、コガタルリハムシみたいです。
 アタリヤさんの→ルバーブ(丸葉大黄)
 →だいおうのコガタルリハムシ(新寄主)

 こちらを見ると、カミナリハムシかもしれない…。
 埼玉の農作物病害虫写真集→カミナリハムシ

 どちらも5mmくらいの青黒い艶のある甲虫で、私には区別がよくわかりませんでした…。
 でも、退治はウリハムシと同じでいいかと思っています…。(つまりは捕殺…。)

 ところで、ルバーブはタデ科です。なにか気が付きませんか?
 刺身のつまにする紅たで(スプラウト?みたいなの)は、本来は緑色のヤナギタデの双葉がたまたま赤紫だったものだそうで、その葉を食べるハムシがいることから「蓼食う虫も好き好き」という言葉ができたみたいです。
 タデ科の植物って、スイバやギシギシ、ヤナギタデとかシュウ酸が多くて酸っぱいので、人の口には合わない感じですが、、、タデを食草とする虫もいるってことで…。

 …だがしかし、ハムシは種類によって食べる草が決まってるけど、私はルバーブ(の茎)も食べるけど、ウリハムシの好きなズッキーニも食べるし、あれもこれも食べてるから、ハムシから見たら、人間のほうが何でも食べちゃう厄介な虫かな…。…好き嫌いなし…。。


 先日(3/30)株分けして、小さな三株になっていたルバーブ、ちゃんと大きな葉柄(葉は食べません)を出して、私のジャムになってください…。
mushikko_11.jpg

応援、よろしくお願いしますw
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭園)へ にほんブログ村 花・園芸ブログへ

Comment

Re: のじさん
編集
のじさん、今日はw
はい、ルバーブはタデ科で、酸っぱいですw
それに砂糖を入れて甘酸っぱいジャムにします。
茎が赤いものだと、赤いきれいなジャムができるという感じですw
イタドリは、美味しいですよw 実家の母が塩漬けにしてまして、塩抜きして炒めたりして食べてました。
歯触りが良いと思います。
山に行くと、イタドリを採っている人とかも見かけます。
はい、スカンポも昔は齧ってましたね…w 秘密基地に食料として蓄えたりしましたww
ルバーブはシベリア原産で、寒冷地向きみたいです。うちのあたりでも大丈夫なので、関東でも日陰がちなところなら大丈夫かと。
2024年04月21日(Sun) 12:37
No title
編集
きくちゃん、おはようございます。
ルバーブってタデ科だったのですね。
山野草を集めていた頃、斑入りのイタドリを育てていました。タデ科で茎の部分は食べられると知りました。山に生えているいイタドリは、なるほど茎が太くて食べられそうだったのを確認したことがあります。
スイバは、子供の頃スカンポと言って、野のものを齧って酸っぱさを楽しんだことがあります。
ルバーブも酸っぱいのでしょうかね。
鑑賞用にも面白そうな野菜ですね。
2024年04月21日(Sun) 05:58
Re: 食用大黄?
編集
オグリン♪ さん、おはようございますw
漢方薬のダイオウの仲間だそうで、もとは薬用だったみたいです。
味はすっぱいです。生でサラダや漬け物にもするそうですが、うちではもっぱらジャム。
その茎の部分を煮るとすぐ柔らかくなり、砂糖を入れると、甘酸っぱいジャムになりますw
茎が赤いものだと、色もきれいw
ルバーブパイとかも作れるようだといいけど、無理…w

2024年04月21日(Sun) 01:43
食用大黄?
編集
ルバーブ?
知らないなぁ。
初めて見たかもです。

蓼食う虫も・・・。
納得です(笑)。

蓼酢で有名な蓼、私は苦手ですが・・・。
夏の季語です、花は秋の季語。
2024年04月21日(Sun) 01:00
Re: 椎たけ夫 さん
編集
椎たけ夫 さん、おはようございますw
判別可能かどうか、じっくり見るかといえば、正直、よく見えないかも…ww
どこかにルーペがあったはずなので、見つかったら見てみるかな…w
2024年04月21日(Sun) 00:34
No title
編集
蓼食う虫は・・・・ルリハムシのほうだと思うデー
春にギシギシにめちゃくちゃついてるやつだね。
カミナリハムシなんてのいるのは知らんかったけど、羽にへこみがあるみたいで判別可能かもね。
https://mushinavi.com/navi-insect/data-hamusi_tobi_kaminari_oo.htm
2024年04月20日(Sat) 21:43












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
Calendar
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ