FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOPは行 ≫ ハーデンベルギアって、どなた様?

ハーデンベルギアって、どなた様?

 この時期、園芸店で見かけるハーデンベルギア(学名:Hardenbergia violacea、別名:ヒトツバマメ、コマチフジ、マメ科ハーデンベルギア属、常緑ツル性低木)、色も姿も好みですが、長いこと、買えません。葉っぱは、厚めで鈍い艶。こういう、くすんだ色味、好きなんですけど…。

 こちらは何年か前に、千葉の三陽メディアフラワーミュージアム(旧称:花の美術館)で撮ったハーデンベルギア。林の横の小道沿いのフェンスに、何本もしだれていました。…4月ころかな。こんなふうに植える場所がない…。耐寒2℃くらいだし…。
ハーデンベルギア

 よく見る花色は、紫と白。ツルが3mくらい伸びるようです…。ほかに薄いピンクの花色もあるみたい。
ハーデンベルギア  ハーデンベルギア

 この花で、なんだか気になるのが、その堅苦しげ?な名前。
 ハーデンベルギアは、属名からですが、この属名はハーデンベルグ伯爵夫人(C. Franziska von Hardenberg)にちなむとのこと。この人は、有名な植物コレクターのフォン・ヒューゲル男爵(Baron von Hugel)の妹か姉(sisterとしか書いてなかった…)で、彼が採集旅行で留守の間は、お金持ちな彼女が収集した植物の世話をしていたそう。
 (それで、彼が彼女の名前をつけたんだね。)
 ハーデンベルギアはオーストラリア原産。オーストラリアでは、花期は7~11月(日本では3~5月)ごろです。
 「Learning About Indigo’s Natives」参照。

 フォン・ヒューゲルについては、Wikiに「カール・フォン・ヒューゲル」の項があり、彼は「オーストリアの外交官、探検家、博物学者、園芸家」だそうで、「ブルー・ハイビスカス(アリオギネ・ヒューゲリー:Alyogyne huegelii:アオイ科アリオギネ属)などに献名されている」ということです。
 また、「Hügelは、植物の学名で命名者を示す場合にカール・フォン・ヒューゲルを示す」そうです。
 なんだか、有名そうな人だけれど、知りませんでした…。
 Carl Alexander Anselm Freiherr von Hügel(1796-1870)。

 以上。           え? …ハーデンベルグ伯爵? ………たぶん、夫人の旦那さま………でしょ?



 ハーデンベルギアは地元ではPurple Coral-pea、False Sarsaparillaなどともいうようです。False Sarsaparillaって、直訳偽サルサパリラとなるんだけれど…サルサパリラっていう植物があるようで、サルトリイバラ科シオデ属でピンときたあなたは誰?w

Comment

Re: つぼさんごさん
編集
こんばんはw
いい感じですよねw
素敵な花はたくさんあるけれど、
なんやかんやで、育てられるものは限られてしまいます。
(育てられないものは、よそで見ることにしてますww)

どうせ名前をつけるなら、ファーストネームのほうがいいんでは?
と、思ったりしましたw おそれおおいかな?w
2014年02月18日(Tue) 20:27
Re: ハーデンベルギアって
編集
payaさん、こんばんは。
私もニーレンベルギアを思い出しましたw
こちらも人名なんですよね。

育てていないのに、なんですが、マメ科なので肥料も気にすることないし、
切り戻しても萌芽力が強いし、病虫害もあまりないし、
水やり、太陽光といった環境が整えられれば、育てやすいみたいです。
環境第一ですがw
葉がきれいなので、わさわさが希望w

2月から咲いているのは、やはり室内越冬したからなのでしょうか。
今出回っている花は、温室育ちだと思うし…。
payaさんのところは、もう外でも温室と同じ?w
露地に植えているところもご近所にありそう…。
2014年02月18日(Tue) 20:21
Re: エルフィンさん
編集
こんばんは。
そうなんですよね、で、葉が傷んでたり、ツルが目立ちすぎると、
いまひとつ、かっこよくなかったりしてw
室内越冬するものは、最小限にしたいですし。
挿し木は簡単そうだから、とも思うけど。
こういうふうにフェンスに垂らすと
手入れもしやすそう。

やっぱり花色、基本は紫かなw

2014年02月18日(Tue) 20:12
No title
編集
こんばんは。
ハーデンベルギア素敵ですね~。
もしも我が家に庭があったらこんな風に垣根に這わしてみたいものです。
ハーデンベルギアの花の名前の由来はなかなか面白いですね。
2014年02月18日(Tue) 19:40
ハーデンベルギアって
編集
人の名前だったんですね(◎o◎)
ニーレンベルギアとよく名前がごっちゃになるんですけど、
似ても似つかないのに何故?と思っていました。

我が家のハーデンベルギアは只今満開ですe-287
寒い中、お外で頑張っています。
以前、昼は外、夜は室内で、と
育てていた頃の方が調子が悪かったので、
過保護すぎるのもいけないのかな?
1枚目の写真は露地ですごく元気で綺麗ですよね。

植木市では我が家より小さな鉢に3色3株植えてありましたので
「この鉢に3株も大丈夫なんですか?」と尋ねたところ
「大丈夫!大丈夫!」ってだったです・・・ホントかな?強いよね(^_^;)
2014年02月18日(Tue) 11:46
No title
編集
これ寒さに弱いものね~。
冬の入り口までは物凄く元気だから、かえってそれ以降の育てる場所が確保できない。
ツボミもいっぱい付いてる頃・・・「もう少し耐えられないのか?」。
で、もう育てない事に決めました。とさ・・・。
(白で元に?紫の入るのが渋くて良いのよ~育てたのは紫だったけどね。)
2014年02月18日(Tue) 07:40












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ