FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOPら行 ≫ 大きくできるかなぁ、ルリマツリ

大きくできるかなぁ、ルリマツリ

 ルリマツリ(学名:Plumbago capensis Plumbago、英名:plumbago、イソマツ科ルリマツリ属、常緑半つる性低木)がやっと今年初の満開です。現在ツル長50cmくらい、ここからは、行燈仕立てにでもしたらいいでしょうかね。どの程度、大きくできるか、楽しみです。
 南関東では何本か地植えにしていたのですが、北東北に来て、昨年秋に安く買った鉢を室内で越冬させ、春先に現在の菊鉢に植え替えたものです。(見かけより耐寒性はあり、0度くらいまでは大丈夫です。)

ルリマツリの鉢  ルリマツリの花1  ルリマツリの花2

 花の色はもっと青が濃いものや、白いものもありますが、この色が一番よくみかけ、株も強いように思います。夏の間、暖色系の花が多い中で、暑さを好んで涼しげな花を咲かせ続けてくれ、虫もつかず、病気にも強く、フェンスなどにからめても、しだれさせてもきれいですし、繰り返し咲きますから、1本あると、秋まで庭が優雅に見えます(たぶん…、環境がよくないと1年目はそれほど大きくはならないかも、です)。
 花は小さな花が丸く集まって10cmくらいの半球状に咲くのですが、咢の部分に毛のようなものが生えていて粘つき、落ちた花がくっつくのが難点といえば難点です。

 温度さえあれば、通年開花も可能なようで、花が散ったら切り戻して芽をださせてまた咲かせ、伸びたところを切り戻してはまた咲かせ、といったことができます。挿し木でも増やせます。種は気にしてみたことはないのですが、こぼれ種でも増えるようで、お友達の家では、庭の下の道路わきの隙間に芽を出したりしていました。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ