FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOPや行 ≫ ユキワリソウをかじってみる…追記

ユキワリソウをかじってみる…追記

 はい、ユキワリソウの最終回ですw 
 今日は最初に載せてなかった葉から。葉は三角に近い形をしており、ミスミソウ(三角草)の名前の由来でもあります。全体が三角の葉で、それが三つに割れています。

 葉もけっこう、さまざまですが、価格には特に影響しないそうです。

 このように、艶があったりなかったり、模様があったりなかったり、赤みを帯びていたり黄緑ぽかったりします。
ユキワリソウの葉

 また、茎は、花色に関わらず、通常左のように赤みがかっていて毛が生えているのですが、ときには右のように緑色で毛がないものがあり、これは青軸無毛と呼ばれます。青軸無毛は、花がすっきり見えるので、良しとされているそう。
ユキワリソウの茎

 雪割草は、クリスマスローズと同じで、今ある葉は古い葉で、これから新しい葉が出てきます。花の時期には茎はあるけど、葉は入れ替わるので、あまり重視しないのでしょう。

 個人的には、葉も含めた姿も見ると、おもしろいような気がします。クリスマスローズでも、銀葉のものが出たりしているし…。

 ユキワリソウの場合、常緑ですが夏越しが難しいということがあります。私の住む地域では、西日のあたらない木陰などに地植えで毎年咲かせているという方もいますが、一般的には、夏はほぼ真っ暗くらいの斜光をするとよいそうです。
 個人的には、もっと耐暑性のあるユキワリソウっていうのも、いいのでは、と思います。…それでもって、夏の葉も楽しみたいw

 最後は、おととい、昨日で紹介できなかった花達です。

赤系のお花。最初の花は、サーモンピンクです。
ユキワリソウ  ユキワリソウ

ユキワリソウ  ユキワリソウ

ユキワリソウ  ユキワリソウ

 白系で、左は模様が入ってます。
ユキワリソウ  ユキワリソウ

 最後に、青系w
ユキワリソウ  ユキワリソウ

ユキワリソウ  ユキワリソウ

 ごらんのように、交配によって作り出されたユキワリソウの形・美しさの多様さには、驚きます。

 だけど、私なら、こんなふうな花が……と思ったら…ちょっと、ユキワリソウをかじってみませんか?
 難しく考えずに、まずはユキワリソウを育てるところから。

 型にはまらなくても、いつか、あなたのオリジナル花が咲いたなら………それはもう、プライスレス、ですよね。

 *なお、雄しべも雌しべも花弁化した花は、当然ながら交配には使えません。種もできないということで、増やすのは、株分けということになるのかな。そんなにたくさんは、増やせないんでは? その辺も高価な理由では。


 以上、長い記事に、お付き合いくださいまして、ありがとうございました。

参考HP:
雪割草ナーセリー 花工房ほんま

関連記事:
ユキワリソウをかじってみる…前置き
ユキワリソウをかじってみる…本編


ブログランキング・にほんブログ村へ 

Comment

Re: MaryRoseさん
編集
こんばんは~。ようこそw

我が家です、と言いたいところですが、残念ながら、
これは我が家ではございませんw
(ちょっと無理があると、思いませんか?w)
先日行ったユキワリソウフェアでの写真ですw
(ユキワリソウは青やピンクは元からあるかと思います。)

クリスマスローズ、確かに地味な出発でした…。
今みたいに流行るようになるとは思わなかったです。
ユキワリソウの場合、育てるのがクリスマスローズより難しそうではありますが、
興味を持つ人が増えると、どんどん進化するかも…ですねw
どうぞ、またお越しくださいw
2014年03月13日(Thu) 18:18
No title
編集
こんにちわ、始めまして♪
足跡からやってきました。

そして、今興味の出てきた雪割草のお写真にうっとり~~。
ピンクやブルー系もあるなんて、地味な印象だった雪割草なのに
すごい進化です!
これは全部ご自宅のお花ですか?

クリスマスローズが15年位前に、最初「地味なお花」でデビューした事を
思い出しています♪

私も草花が大好きなので
またお邪魔いたしますね_(._.)_
2014年03月13日(Thu) 10:36
Re: こんばんは~。
編集
エルフィンさん、こんばんは。
そうなの? クリスマスローズと似てない?w
私はこぼれダネで生えてくるものが好きw 基本ずぼらだから。
だけど、人間のことを考えると、遠くの人とでも出会って結婚して
美形のハーフとかが生まれたりするんだな~と思うと、
植物ももっと積極的でもいいか?みたいなw
2014年03月12日(Wed) 23:10
こんばんは~。
編集
今日のいいね~。
でもやらない事にするe-443こんな繊細な花は無理です。
ここまで調べたんなら、何か新しいユキワリソウ作ってみなよ。
あ、そうか~しべが花弁化しちゃうと無理なわけね。
やっぱり一重から挑戦だ!きくちゃん頑張れ~。
2014年03月12日(Wed) 20:34
Re: つぼさんごさん
編集
こんばんは~。
基本一重だけれど、段咲きくらいまでは、まれに自然状態でもあるそうです。
地域によって、花色に差があるようで、
たぶん最初は濃い色のものを選抜するとかいうところからだったのではと。
量産できるものではないのではないかなw
つぼさんごさんなら、期待できそうw
ユキワリソウ、ポットでも、ちゃんとどれの交配とかラベルが付いていて、
そういうのの管理って、几帳面でないと大変そうです。
なんでもそうですがw
2014年03月12日(Wed) 18:59
No title
編集
こんにちは。
どれも魅力的な花で種類の多さに驚きます。
ダブルの花はクリスマスローズと同じように高額なんですね。
交配できない花は株分けしか方法がない・・・だから高いのかと納得しました。
我が家も交配して自分だけの花を作ってみたいものです。
2014年03月12日(Wed) 17:06












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ