FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOPあ行 ≫ 花盛りのコセリバオウレン

花盛りのコセリバオウレン

 先日紹介したオウレン(黄連、学名:Coptis japonica、キンポウゲ科オウレン属、常緑多年草)の花ですが、セリバではなくて、コセリバオウレン(Coptis japonica (Thunb.) Makino var. japonica)だったようです。…すみません。
 再び見に行ったところ、前回とは、だいぶ印象が変わっていました。

 とても小さな花で、いわゆるお花畑気分を味わうのは、ちょっと無理そうな花だなと思っていたのですが、花数がかなり増え、なんと身長も数センチ伸びていました。

 後ろのほうまで、ずっとオウレンくんが、咲いています。
コセリバオウレン

 1つの株から出ている花茎がだいぶ数多くなっていて、背も少し伸びています。 
コセリバオウレン  コセリバオウレン

 ここで、ぼかし?を取ると、こんな感じw 薄暗い杉山で、こっそり咲いています。杉の枯葉がかなり落ちていますが、少し前より、葉も立ち上がったようで、間から緑が出ています。そのせいか、以前は隙間を埋めていた落葉樹の枯葉は飛ばされたようです。
コセリバオウレン

 さて、左が葉です。個体によって、けっこう違って見えるのですが、三回三出複葉なので、コセリバとなるかと…。セリバだと二回三出複葉です。大きな違いは、そこ…。
 右下の写真は、枯れ残った去年の種のよう…。これから、こんなふうなものができてくるようです…。
葉  種の枯れた残骸

 地元の方と話したところ、オウレンは胃薬になるそうで、この時期に抜いて、太い主根だけを乾燥させ、煎じて飲むそうです。とても苦いとか…。
 今はあまり利用しないようですが、以前はまとめて漢方薬の原料として売っていたそうです。
 なお、地元の方は、単に「オウレン」と呼ぶようです。

関連記事:
セリバオウレンの花は、ぴょこ
セリバオウレンの花芽みたい


ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment

Re: こんばんは
編集
payaさん、おはようございます。
どこも同じお花だけだったら、つまらないですよw
このへんは、山野草園なども、3月下旬まで閉まってましたから、
いろんな花はこれからという感じでは?
私は基本、家から歩いて散歩しているだけw


2014年03月31日(Mon) 05:45
こんばんは
編集
何回見ても可愛いですe-266

花はいつまで見られるのかな・・・
今年は見つけられずに終わりそうです(+_+)
2014年03月30日(Sun) 21:55












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ