FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOPな行 ≫ ニワナナカマドは、バラ科です。

ニワナナカマドは、バラ科です。

 雨続きでしたが、やっと、ニワナナカマド(庭七竈、学名:Sorbaria kirilowii、バラ科ホザキナナカマド属の落葉低木)が咲き出しました。別名は珍至梅/珍珠梅(チンシバイ)。

ニワナナカマド1  ニワナナカマド2  ニワナナカマド3

 まん丸い蕾のときから、かわいらしいのですが、咲くと、長い蕊がまたかわいらしい花です。どう見てもバラ科です。木は株立ちで、脇芽がたくさん出ます。大きく育てるときは脇芽は取ります(これで増やすのは簡単です)。花は終わると茶色くなってちょっと見苦しいので、私は取ってしまいます。切り戻すと、また伸びて花が咲きます。

 多少日陰でも大丈夫ですが、花付きは悪くなります。木を太らせたほうが、花穂が大きくなります。バラ科ですが、あまり病虫害が気になったことはありません。葉っぱもきれいです。
 耐寒性は強いですが、去年は雪でぺったんこになり、今年は株立ち状で、まだ1mちょっとというところです。秋には、、、黄色に紅葉してたと思います。←あまりそういう記事がないので、自信もてないw。関東の家では黄色くなってた!

 ホザキナナカマドとはそっくりで、区別が難しいようですが、

  ・ホザキナナカマドのほうが雄蕊が40くらいと多い
  ・ニワナナカマドの雄蕊は短い(花弁と同じくらい)

 といった見分け方があるようです。が、はっきりしない点もあり、ペンディング!(毎日がペンディング…)
 とりあえず、うちの木は、ニワナナカマドという名前で売られてましたです。

追記:下は7/20に撮影したナナカマドです。ニワナナカマドよりがっしりした木で、葉も色濃く大きく、この時期にはもう実が生ってます。

ナナカマド
   
追記:下は7/24に撮影したニワナナカマドの花のその後。実は生らずに枯れていきます。

ニワナナカマド(実はならない)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ