切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPか行 ≫ オククルマムグラで、落着

オククルマムグラで、落着

 山の湿地で2週間ほど前に、車葉の植物を見つけました。すぐ、わかるだろうと思ったのですが…苦戦…オククルマムグラ(奥車葎、学名:Galium trifloriforme、アカネ科ヤエムグラ属、多年草)というところに落ち着きました…。

 ちなみに、ほかの候補はクルマバソウ(車葉草、学名:Asperula odorata、アカネ科クルマバソウ属、多年草)クルマムグラ(車葎、学名:Galium triforiforme var. nipponicum、アカネ科ヤエムグラ属、多年草)でした…。

 こんな花です。草丈は20~30cmというところ…。車葉は6枚が多いけど、7枚、8枚というものもありました。
オククルマムグラ

 見分け方のポイントとしては花の形(クルマバソウはロート型、ほかの2つはもっと平たい…)とか、茎の触り心地(オククルマムグラだと逆さのトゲ、ほかは刺なし)のようです。茎のトゲは、左の写真を拡大すると、かろうじて見えるかと…。右の写真は実…。
オククルマムグラ  オククルマムグラ

 湿地にこんな感じで生えている姿は、なかなか、いい感じ…。
オククルマムグラ

 といっても、クルマバソウだと、もっとうれしかったんですよね…。なぜかというと、クルマバソウって、ハーブのスイートウッドラフ(Sweet woodruff)だから、香りを確かめたかったりしたのでした…。
 未練がましく、オククルマムグラを揉んでみましたが、草の香りでした…。

 以下は、参考です…。

 車葉といったら、こちらは、ご存じヤエムグラ(八重葎、Galium spurium var. echinospermon、アカネ科ヤエムグラ属、越年草)…。とっても小さな薄黄色の花です。薄黄色は好きだけれども、これはさすがに小さすぎ…。1mm程度…。本体は50cm以上に伸び、倒れかかっておりました…。
 おもしろかったのが実で、右の写真のような、楽しい実をつけていましたw
ヤエムグラ  ヤエムグラ

 こちらは、近所の路上で見つけたハナヤエムグラ(花八重葎、学名:Sherardia arvensis、アカネ科ハナヤエムグラ属、一年草)ではないかと思うもの。ハナヤエムグラはヨーロッパ、北アフリカ、南西アジア原産の帰化植物ということです。葉はヤエムグラより2回りくらい小さくて、花はかなり大きく、薄ピンク紫なので、なかなか、かわいかったりします。
 車葉は6枚です。ヤエムグラがカサカサな感じなのに比べ、ちょっとニクニク?した感じでした…w 庭にちょこっとあってもいいような雰囲気です。
ハナヤエムグラ  ハナヤエムグラ

 ヤエムグラくらいしか知らなかったのに、車葉のものが、いろいろ出現している、今日この頃…。そのうち、クルマバソウも…。


ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment

Re: 悩みますよね
編集
witchkingさん、こんばんは~。
葎って、もやもやした草の藪みたいなw
私は山の春は今年が初めてなので、
とりあえず、植物を多く見ることに集中…。
2014年05月24日(Sat) 21:13
悩みますよね
編集
クルマバソウとクルマムグラ…
少し違いがわかったようなw
自分も「どっち?」ってなってます。

で…

「ムグラ」ってなんだろ?
2014年05月24日(Sat) 15:13












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ