切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPあ行 ≫ オヤマボクチの渋くて愛嬌がある花

オヤマボクチの渋くて愛嬌がある花

 近所で1つだけ見つけていた、たぶんオヤマボクチ(雄山火口、学名:Synurus pungens、キク科ヤマボクチ属、多年草)の花が咲きました。この時期になるまで、ほかの植物に隠れて見えなかったけど、無事咲きました。北海道、本州、四国に分布するもよう…。

 頭花はシルエット的には円柱形とも言えそうな形で、円柱の高さは6cmくらいあります。アザミをいかつくしたような?花です。花色は、赤紫黒紺…………? う~ん…。
オヤマボクチ

 写真を横向きにしているわけではなく、かなり急な斜面に生えていて、90度近く傾いています…。だから、本来ならうつむき加減に咲く花が、下向きw 草丈は1.2mくらいありました…。けっこう、でかいです。
オヤマボクチ

 花の中はこんなふう。頭花の周りから咲いているみたいだけど、中央部分も咲いてました。これから全部咲いていくのでしょう。…ボケボケだけど…斜面で片手だったんですよね…。
 右は蕾…。いかいかの総苞が、全体で丸くなっています。
オヤマボクチ  オヤマボクチ

 葉はこんな感じ。上の葉は切れ込みが少ないけど、下の葉はちょっと柏の葉みたいになってます…。葉の形には変異が多いそう…。一番大きな葉は、30cmほどもありました。葉の裏は白くてちょっとフェルトみたいな毛が生えてます。雄山火口の火口は、この毛を火起こしのとき火をつけるときに使ったからだそうですが、こすってみたけど、もやもやと採れる感じはなく、どうやって採るのかな? 乾すとかするのかな?…
オヤマボクチ  オヤマボクチ

 ユニークな形と色で、おしゃれな庭のおしゃれな植物にも見えるオヤマボクチですが、オヤマボクチという地味な名前のまま、ここに咲いているのが、うれしい気もしたのでした…。


以下は参考まで…。
 オヤマボクチは、山菜としては、ヤマゴボウと呼ばれ、葉の繊維をソバのつなぎとして使ったりするそうです。ヤマゴボウというのは、山にあってゴボウに似ているからですが、ゴボウの花を見たら、なるほど似ていました。

 なお、ヤマゴボウといっても、よく見かけるヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡、学名: Phytolacca americana、ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属、多年草)などの、ヤマゴボウ属の植物は、有毒なので、ご注意ください…。

 あまり参考になりませんが、7月に撮っていた、クズの海に飲まれそうなヨウシュヤマゴボウ……。ヤマゴボウは、花穂が直立するみたい…。

 ヨウシュヤマゴボウ


ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment

Re: さんきゅ~です
編集
payaさん、おはようございます。
このボクチくんしか見ていないのですけどね…w
ボクチにもいろいろあるようで、ほかでも観察できたらと思ってます。
トゲや毛、筒状花の確認など、また見てきます…。

去年、カラカラの姿を見てましたので、花を楽しみにしてました。
とりあえず、草刈りされずに育っている株みたいです…。
2014年10月12日(Sun) 01:18
さんきゅ~です
編集
なんとタイムリー
丁度見たかったお花ですぅ(^^*)
九州には無いのか・・・
見たという人が居るので、一体どんな葉や花なんだろうと
気になっていました。
細かい説明と、色んな部位の写真、とっても参考になります。
ありがとうございました♪
2014年10月11日(Sat) 21:36












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ