切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPや行 ≫ 花数は2→10に。コンカドール

花数は2→10に。コンカドール

 土砂降り続きですが、テッポウユリ、スカシユリと咲いてきて、オリエンタルハイブリッド系のユリ、コンカドール(Conca D'or)の花がだいぶ開いています。イエローカサブランカとも言われてますよね。きれいだし、香りもいいし、なにしろ好みの花色、しかもこの豪雨でも自立。

 オリエンタルハイブリッドとは、日本原産のヤマユリなどを改良して作り出された品種群。たしかにヤマユリに似ています。ヤマユリより茎が太く、花弁もしっかりして、切り花用のバラに通じるものがあるような気がちょこっとしたりして。
追記:コンカドールはオリエンタル系に中国系のトランペットリリーをかけた品種で、オリエンタル系にはない黄色が新しかったようです。(7/29)


コンカドール(今年)  コンカドール(去年)  ヤマユリ

 例によって、値下げになっていた芽出し球根を購入したのですが、昨年の花は2つ、背丈も50cmほど。今年は1m以上になり、花数も10個に増え、一人前に見えます。
 ユリの花数は1年でいくつ増えるのかと注意していたら、今回は8つ増えました。テッポウユリとかではそんなこともなく、同様に去年植えたカサブランカもそこまでは増えておらず、花数の増加はユリの種類や環境によるとみえます。

 これはほぼ予想通り。誤算は……となりに植えたキキョウです。なぜに君は短いままなの? 買った年は短くても、翌年には本来の姿を見せてくれるものと思ったのに…。
 もしかしてもしかしてもしかして、鉢植え用の矮性品種だったとか? センチメンタルブルーとかいうのに似ているような気がしてきた。。背丈較差は埋まらないままなのか!?


 以下の2つは、ユリで気を付けていること。

 ・植えるときは深めに耕し、深めに植える(土が球根3つ分上に乗るくらい)
 ・花後は花を切り取り、葉っぱと茎は枯れるまで残して球根を太らせる

 植え場所は、オリエンタル系のユリは半日陰を好むとされていますが、ラベルには植え付け場所「日向」とあり、我が家も南西が開けた日向に植えてますが、元気に咲いてます。

 なお、ラベルに「植え付け後、2~3年は花を楽しむことができます」とありました。これは、たぶん、連作を嫌うとか、いろいろな原因で消えてしまう可能性を言っているのだと思います。実際、カサブランカもコンカドールも何年かで小さくなったり消えてしまった経験があります。
 うちの場合はおそらく、以前の極小庭で植え替えしなかったため球根が混んで蒸れたりもしたのではと思います。日向に置いても根元は下草などで涼しくし、水やりの仕方は水切れはさせないけど水が溜まらないよう、球根を秋に掘り上げ、分球したり植え替える、といったことが必要だったと反省してます。

 と、言いつつ、実際は、球根を買い足してしまうのですが…。

備考:花の大和さんの苗、草丈60~100cm、開花期:6月~7月、水やりは乾く前

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ