FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOPや行 ≫ ユーフォルビア キパリッシアスと呼んでみよう

ユーフォルビア キパリッシアスと呼んでみよう

 ユーフォルビアが人気ですが、お高いのでなかなか買えません。だけど、我が家にも、一応、ユーフォルビアがあったりします。
 といっても、常緑のものではなく、ユーフォルビア キパリッシアス(学名:Euphorbia cyparissias、別名:マツバトウダイ(松葉灯台)、マツバダイゲキ(松葉大戟)、トウダイグサ科ユーフォルビア属、多年草)ですけど…。

 現在、こんな花を咲かせています。冬は地上部は枯れているけれど、春になると出てきます。黄緑黄色の花の集まり全体の直径が、現状、大きくても4cmくらいでしょうか。
ユーフォルビア キパリッシアス?

 草丈は15cmくらいで、背が低くまとまるし、色も明るく、春先には可愛く見えます。葉が松葉のように細いトウダイグサだから、和名は松葉灯台…。触り心地は、柔らか…。
ユーフォルビア キパリッシアス?

 我が家では、モミジの下に植えて1年半くらいになりますが、1つ2つ植えたのが、ぽちぽち増えています。これくらいだと、安心…。
ユーフォルビア キパリッシアス?

 だけどね、実は、まだ売れない前の家の庭掃除に行ったら、こんなことになってました…。これは、1つ2つ植えて3年くらいかな…w ここのほうが土もいいし、日当たりもいいせいでしょうか、画面の外にもあったりします。
ユーフォルビア キパリッシアス?

 ヨーロッパ原産の植物で、高温多湿には弱いそうですが、耐寒性はかなりのもの。地中で伸ばす地下茎もかなりのもの…。あれ?っと思うようなところから出てきたりします。鉢か何かにしておいたほうが、無難そうな気配ですね…。
 ……と思ったら、北海道ブルーリストに載っていました…。

 もとは実家(北東北)から貰ったもので、実家の近所ではよく見かけます。名前もわからず賑やかしに植えたものだったのですが、先日園芸店で、そっくりさんが売られていました。それで名前も調べてみたりして…。
 園芸店で売っていたのはクラリスハワード(ClariceHaward)という品種名でした。ほかにもキパリッシアスにはフェンズルビー(Fen'sRuby)などの品種があるようです。

 ということで、場所によっては帰化しちゃっている植物のようなのですが、ユーフォルビア キパリッシアスと呼ぶと、なんとはなしに格調高い雰囲気が漂うような気もします…。たぶん、少し経つと忘れて、マツバトウダイしか思い出せない予感…。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ