FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOPは行 ≫ フジバカマではないけれど…ヒヨドリバナ

フジバカマではないけれど…ヒヨドリバナ

 先日来、フジバカマの写真を撮っていたはずだったのですが、これまでフジバカマ(藤袴、学名:Eupatorium japonicum、英名:Joe-Pye weed、Thoroughwort、キク科ヒヨドリバナ属)だと思っていたものが、そうではないということが判明しました。なんだったかというと、たぶんヒヨドリバナ(鵯花、学名:Eupatorium makinoi、英名:Boneset、キク科ヒヨドリバナ属)の色つきバージョンかな?ということになります。
 なにしろ、ここ北東北にはフジバカマは自生していませんし、私がフジバカマだと思ったお花は葉が3裂するというフジバカマの特徴ももっていませんでした。

ヒヨドリバナ(色つき)  ヒヨドリバナ(色つき)  ヒヨドリバナ(色つき)

ヒヨドリバナ(白)  ヒヨドリバナ(白)  ヒヨドリバナ(白)

 ヒヨドリバナという花は、これまで気にしたことがなかったのですが、今日の散歩で白いヒヨドリバナの大株を見つけ、これはこれで、なかなかきれいなものだなぁ、と見とれてしまいました。花色が白いと、フジバカマと誤る可能性はほとんどないと思いますが、別の空き地には白と色つきのヒヨドリバナが、1mおきくらいに何株かあり、どうしてそうなっているのかと、首をかしげてしまいました。

 近くの山にも、色つきヒヨドリバナが、ときどき咲いてます。
 フジバカマではないかもしれませんが、蝶や蜂がよく寄っていて、顔を近づけるとほのかな香りがします。

サワフジバカマとかサワヒヨドリ、フジバカマの白花などもあるようなので、今後、もっと気を付けてみてきたいと思います。ざっくり、できません…。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ