FC2ブログ

切り撮りLittle Garden

気に入った・気になった植物などの記録を、ざっくりと。機嫌のいい植物選びをしています。
2019年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年02月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ●複数の植物
CATEGORY ≫ ●複数の植物

春の園芸店にて

 やっと近所の園芸店も花いっぱいになりました。
 寒いうちは花が傷むので、あまり入荷してないんですよね。(そういう時期には店内にも多肉が多めに置かれていたりする(さらし者になってる?)ので、安くなるのをチェックしてたりします…w)
 ということで、週末の園芸店巡りで、お花をいくつか購入。

 こちらはイングリッシュダブルプリムローズのビンテージ。なんだか、いかにも由緒正しそうな名前…w 植えっぱなしにできるプリムラの白か青が欲しかったので、購入しました。ラベルによると「英国などで野生種より選抜され、栽培されてきた丈夫な宿根草」ということなので、たぶん大丈夫…。
プリムローズ

 こちらの薄黄色いのは、ミニシャクナゲのサムロック。黄緑~薄黄色の花の色合いが気に入って。検索してみたら、ヒカゲツツジの園芸種のようです。大きくなっても1m程度みたいなので、小庭には(それでも大きいけど)いいかなと。…なにしろ198円だったし…。
 この日はかねてより安いのを探していた姫ウツギも見つけたので、3点購入…。…結局、いつも、こんな色合い…w
ミニシャクヤク お買い上げ品

 一応、ビンテージとサムロックのラベルを載せておきます。…だんだんラベルの整理が面倒になって、ブログに載せておいた方が安心…。
ラベル 表 ラベル 裏

 この時期、暖かい地方の方のブログでは、うちの辺りで芽が出てきたばかりの植物がもう咲いている!みたいな記事が多いです。
 それで、こちらの園芸店でまだ頑張ってるパンジーの写真など…w
 左はパンジーの寄せ植えとペチュニアのナイトスカイ、右はパンジーとフジ…。初夏のお花もたくさん入荷する時期にはなり、今から母の日のギフトとか夏野菜の苗を置いている時期(6月頭位まで?)が、園芸店が一番にぎわう季節なんじゃないかな。
syuu_06.jpg syuu_07.jpg

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

素敵なお山のカタクリさん

 先日、滝を見に行った折に見つけた場所には、その後もちょこちょこ様子見に行っています。
 先週末にもニリンソウが満開かなと思い、行って見ました。休日だったので、比較的ゆっくり見て歩け、少し離れたところでは、ちょうど盛りのカタクリもたくさん咲いていたのでした。

 やっぱり、カタクリは、この形がきれいだと思います。花弁の裏が白味を帯びた色合いで、花びらの厚みが感じられるところがいいんじゃないな。赤紫と白の混ざりあいもいいし…。とても品のいい感じ…。そんな花が、ちょっと青っぽい感じもする不思議な色合いの葉にぴったり…。
カタクリ

 落ち葉に埋もれた山の斜面で、春のほんのり暖かい空気のなか、カタクリの花たちが寄り添ってうつらうつら…。
カタクリ カタクリ

 斜面を登った先には、一足早く日を浴びて、すっかり開いたカタクリも…。
 あ、開いてら…。ごめん、私、下向いてる時のほうが好き…。
カタクリ

 カタクリに夢中になってしまいましたが、ニリンソウもたくさん咲いてました。
 着いたときには開いてなかったのが、時間が経つにつれ、じわじわ開いていくのでした。
ニリンソウ ニリンソウ

 キクザキイチゲはちょっと盛りが過ぎてきてます。
 スミレもいろいろ咲いていました。中央はエイザンスミレ。葉っぱがちゃんと開いているものもあったけど、落ち葉をまとっている様子がかわいかったので。右の写真のスミレは、、、フジスミレ? 葉に模様が入っていました。
イチゲ スミレ スミレ

 多少ゆっくり見れたとはいえ、一時間半程度の間でした。また、見に行かなくっちゃ…。
 カタクリ、ニリンソウ、イチゲは我が家のごく近所でも見られるのですが、花の周りの風景がだいぶ違っています。我が家の周辺は、けっこう不法投棄などもあるし、ヤブだし…。
 たぶん、この場所は近隣の方が、ちゃんとお手入れしているのではと思います。倒木とか笹とか、適宜取り払ってあるようです。ゴミもないし、いいところ。山野草にもいいところのようで、みんな大谷翔平くんみたいに、伸びやかに育っているように見えたのでした。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

寒いので黄色のお花…

 今日は少し前の陽気がうそのような寒い日でした。ずっと小雨で、風も吹いて…。
 ということで、庭にある暖かい感じの黄色い花…。

 やっと数日前から咲き出したスイセンくん…。ごくふつうのラッパスイセン((喇叭水仙、学名:Narcissus pseudonarcissus L.、ヒガンバナ科スイセン属)です。
 寒さが戻って長持ちしそうです。これは中古で買った家に前からあったスイセンで、場所は若干移動したもの。
 ほぼ冬に引っ越してきて、最初の春に寂しい庭に咲いたスイセンが、とっても嬉しかったものです。
スイセン

 こちらはスイセンより少し早くから咲いている、たぶんプリムラ エラチオール(学名:Primula elatior、サクラソウ科サクラソウ属、常緑多年草)。この花はサクラソウ好きのお友達のOさんからいただいたもの。(貰って来た時の記事はこちら→もらって嬉しいプリムラくん、だったんだけど…
 明るい黄色がいいでしょ? 
プリムラ

 どちらも環境厳しめの我が家の庭で、放任でも毎年咲いてくれるいい花…。
 いろいろな花色を楽しみたいけど庭が狭いので、なにかに統一するとしたら白っぽい方向にしたいと思うのですが、この時期は生き生きした黄色がやっぱり嬉しいかな…。

 と言いつつ、これが白花だったらなおよかったかも、と、毎年思っちゃう恩知らずな私…。…そのうち白も混ぜてみようかな。。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

小さな庭の小さな春の花

 今日も日中は暖かでしたが、朝は氷点下で霜が降りていました。
 それでも小庭には小さな春の花が咲き出してます。

 左から、ニオイスミレユキワリソウセリバオウレンです。
 ニオイスミレは貰い物が増えてます。今日は3つほど咲いてました。ユキワリソウも先日咲き出したところで、古い葉を切ったほうがいいのですが、まだ寒いときもあるので切らないまま…。セリバオウレンは直径1cm程度のとても小さな花で、これは雄花。庭の別なところには雌花も咲いてます。
 どれも小さくて、ぱっと見は目立ちませんが、近づいて、じっと見て、春なんだな、と思う花…。
ニオイスミレ 雪割草 セリバオウレン

 左はショウジョウバカマです。色が付いてきましたが、まだ蕾。
 そしてスイセンは、まだ5cm程度…。我が家の庭では、冬にほとんど日が当たらないところに植えているので、余計短いです。今日、畑の近くの日当たりのいいところのスイセンを見たら、蕾が出てました。…それでも畑の土は凍ってました。
ショウジョウバカマ スイセン

 ちなみに左が2月28日の朝。この雪は少しだったので翌日には融けて、その後、またちょっと雪が降りましたが、その後は積もるほどは降ってないです。
 私の住んでいる地域は、根雪がないところなので、雪が降っても日当たりのいいところでは数日で融けます。それで、日当たりの悪い我が家も、雪が降ったらせっせと雪を片付けて、日当たりのいいところ並みに見せかけているのですが、今年は結局、3月まで庭のどこかしらに雪が残っていました。(それでも冬中、アホッぽく、無理やり雪を除けて、植物を虐めてました…。。)
 そして、右が今日の庭。まだ、とっても寂しい…。どんどん、もさもさになって欲しいものです。
2月28日の庭 3月18日の庭

…天気予報を見ながら、もう今年は雪は降らないだろうねと話してたら、春分の日に雪マーク出現。なぜか春分の日って、ときどき多めの雪が降る年があって、雪の中、お墓参りしたことが何度かありましたね…。…今年は降らないでちょんまげ。。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

撮りためちゃった、秋の庭の花

 このところ花の写真を載せてなかったので…。
 庭は作り始めたときは、あれこれ気になって落ち着かなかったのですが、今はそこそこ安心して見ていられるようになった気がしてます。
 …写真はね、天気が悪かったり良すぎたりし(!?)、うまく撮れないんですよね…。

 今年もきれいなノコンギクの花。でも増えすぎるので、かなり抜いてます…w
ノコンギク

 この色のサルビア、けっこう好きです。
 タイワンホトトギスの青龍はだいぶ長く咲いてます。咲き始めより寒くなってからの方が青がきれいな感じ。
 切り戻したフロックスがまだ咲いていたりもします。
サルビア タイワンホトトギス 青龍 フロックス

 ツワブキは今年も良く咲いていましたが、先週くらいに花が終わって切ってしまいました。
 キクはこの時は雨のあとの晴天でだれてますが、今がいいところかな。後ろの白花フジバカマは、今年は花が小さいです。株を整理しすぎたのかも…。
 最後はオルラヤの花…。適当な時期に種をばらまいていたら、今頃咲いているものもあったりします。大きくして見ると後ろにぼんやり青い花が写っていますが、それは終わりかけのイワシャジンだったりします。 
ツワブキ 菊とフジバカマ オルラヤ

 少しずつ咲いている花に加えて、コバノズイナやブルーベリー、モミジの紅葉も入り混じって、 まだ、そこそこ賑やかな秋の庭だったりしています。

 …パンジーとビオラの寄せ植えは、今年はとっくに作成済み…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

色づいちゃった…

 今日は朝から、ちょっとしたことで腹を立て、一日、低調…。
 小雨の庭でコムラサキシキブが色づきだしたのに気づいて、ため息…。
 一昨日はまだ、青い実だったのに…。
コムラサキシキブ

 クランベリーの実も赤くなってきてるし、ヤブコウジも…。
 コクリュウの実が黒くなっていくのは、見ても感傷的にはならないけど…。
クランベリー ヤブコウジ コクリュウ

 春と秋を比べたら、断然、春のほうが好きです。
 秋はきれいだけど、寂しい。そのうち冬になっちゃうし…。…気が早い?w
 日もどんどん短くなっていくし…。

 常夏とか常春の地域に住んだら、こんな気持ちにはならないのかな。
 …温室を1つ貰えたら、それだけで解決するかもしれないけど…。

 ヒガンバナ(リコリス フォーン)が咲くのも、まだこれからだというのに。
ヒガンバナ

 鮮やかな秋は、これからだよ! と、自分に言い聞かせちゃった…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

暑いと財布の紐は緩むらしい…(コウモリランほか)

 日曜日に、たくさん植物を買いました。この時期の園芸店は誘惑がいっぱい…。

 購入したのは、サルビア3ポット、ジニア2ポット、クレオメ1ポット、斑入りミナヅキ1ポット…。
 これでたぶん、秋まで持つんじゃないかと…。庭には葉っぱはたくさんあるので、長く咲く花で色を追加…。
購入した苗

 サルビア(80円)は色がきれいだったし、斑入りのミナヅキは158円でした。これは買わずにいられない…。
サルビア 斑入りミナヅキ

 それと…実はこれが欲しかったんですよね。コウモリラン(ビカクシダ)で、左がネザーランド、右がビーチーとなってました。
 コウモリランはこの頃はHCでも見かけますが、ポット苗は2週間ほど前に初めて発見。1ポット400円を切ってましたので1つ欲しいと思っていました。そして、結局、2つ買ってしまいました。(どっちにしようか迷って、決められず、暑いし、ということで…。)
 コウモリランを育ててみたくなったのは4年ほど前に知り合った初めてのブロ友さんが育てているのを見てから…。 冬が心配だけど、うまく育ってくれるといいなと思っています。
コウモリランのポット苗

 ということで、今年はペチュニアもインパチェンスも買わないはず…。

 …と、自分では(それなりに)抑えたつもりだったけれど、家族の評価は「煩悩丸出し!」…。……そうそう、私は鵜、あなたは鵜飼い…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村     クリックしてくれると、カエルも喜びます…

名残りのカナダシュウメイギクとアストランティア マヨールの葉

 我が家には、たぶんカナダシュウメイギク(学名:Anemone canadensis、キンポウゲ科イチリンソウ属、多年草)ではないかと思っているお花がありますが、撤去することにしました。ニリンソウに似てると思ったのは、カナダシュウメイギク?

 どんな花かというと、こんなお花…。白くて清楚な感じでしょ。花期は5~6月ごろで、これは5月末に撮っていた写真です。
カナダシュウメイギク

 全体を見ても、アネモネ風でなかなか…。
カナダシュウメイギク

 こんな感じに咲いていると、もっと増えてもいいのに、と思うわけですが…
カナダシュウメイギク

 先日、気が付いてみれば、地下茎で増えるようで写真のような繁みが3つも4つもできて、小さな芽もあちこちに出ているのを見ると、まずい気がしてしまいました…。1株か2株が3年足らずで…。
カナダシュウメイギク

 ということで、撤去を決定し、この時期は葉だけになっているものを粛々と抜いていたわけですが、なんだかほかにも、こんな葉があったような…。 

 あ、あれだ!

 はい、私が手に持っているものだけが抜いたカナダシュウメイギクの葉で、残りのよく似た形の葉は、別の場所に植えているアストランティア マヨール(学名:Astrantia major、セリ科アストランティア属、多年草)の葉。よく似ているでしょう? カナダシュウメイギクのほうが、テカってはいるんですが、他人の空似っていうんでしょうか…。
カナダシュウメイギク

 ここで、アストランティア マヨールがどんな花かお見せしたいところなのですが…
 なんと、こちらは植えて2年以上になるのに、まだ咲いたことがない…
 そういう理由で撤去しようかとも思ったけど、咲くまで待とうと思い直しているところ…。…星のような素敵なお花らしい…。

 こうして今日も、勝手な理由を付けて、植物を撤去したり大事にしたりしているのでした…。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

カサブランカとアナベルと

 数日前から、我が家のカサブランカ(学名: Lilium 'Casa Blanca'、ユリ科ユリ属の栽培品種)も咲き出しました。
 朝夕の、少し薄暗い時間に浮き上がって見える白い花がまた増えて、うれしい限り…。

 我が家のカサブランカは、何本かあるのですが、くっつきすぎているので離そうと思いながら、今年もそのまま咲いちゃいました…。今秋こそは、(たぶん)植え替えます…。
カサブランカとアナベル

 カサブランカをくっついたままにしてしまったのは、アナベルが大きくなったせいもあります…。もう全体の花が黄緑色になっていますが、これはこれでいいですよね…。白も黄緑色も、大好き…。
アナベル

 こちらはカサブランカが咲く前の、まだ白かったアナベル…。このころは、奥のほうの柏葉アジサイも白でした…。
 そう、カサブランカの両隣はアナベルと柏葉アジサイ…。でもって、手前に斑入りのフジバカマ…。みんなどんどん育つので、カサブランカを植え広げる余裕がない…。
アナベル

 あと1mずつ庭の周りが広かったら…と、思うのですが、確か、もっと狭い前の庭のときも同じことを思ったような…。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。

梅雨の晴れ間にヤマユリ見物

 今日も雨ですが、先週は2日ばかりよく晴れた日があり、ヤマユリの様子を見に、山沿いの散歩道に。

 朝から気温が上がって、ヤマユリがどんどん咲き出していました。
 斜面にしだれて咲いているので、下からあおって撮っています。
harema_01.jpg

 もう少し曇っていたほうが、きれいなのですが、今年もたくさんのヤマユリが咲いていました。時期になると道路沿いの下草を刈ってくれる人がいて、ヤマユリがきれいに見えます。
 ヤマユリは斜面の上の藪の中にも咲いていて、誰かが最初に植えたのかもしれませんが、種で増えたと思われる小さな花が、道路にまではみ出していたりします。
harema_02.jpg harema_03.jpg

 ここには誰かが植えたらしい何種類かのアジサイもあります。
 なかでも一際大株で、青いアジサイ…。
harema_04.jpg

 去年の花もそのままで、特に手入れをされている様子もないけれど、これでもかというくらい花を付けて…。
harema_05.jpg

 田んぼ道に向かえば、先日のノカンゾウは刈られていて、代わりにまだ草刈りされていない反対側の畔のノカンゾウが咲いていました。(この田んぼは、今年は大豆当番…。
harema_06.jpg

 ずっとポツポツと咲いているノカンゾウは、人手が入らないところのもののように大株ではないけれど、繰り返し刈られながらも、咲けるときがくれば、今日は咲きます。
harema_07.jpg

 どこにいても、人は自然のなかに住んでいるのだけど、山に囲まれたところに住んでいると、ここは自然、ここは人手というのが目について、境目にいるような気がします。
 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ
「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、ありがたいです。
このブログは…


小庭・借りてる畑・近所の山などで、植物に遊んでもらっている人の覚書…。2013年末より宮城県在住。間違えてたら、教えてね。
*リンクはフリーです。
*許可なく画像等を利用することは、お断り…。
AD
Calendar
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ